オリックス銀行カードローンのいろいろまとめサイト!

オリックス銀行カードローンのいろいろまとめサイト!

オリックス銀行カードローンの大きな特徴

オリックス銀行は一般的な銀行とは違い、店舗を持たない銀行です。街中でオリックス銀行を見かけないのはそういった理由があります。

 

ではどのようにして業務を行っているのかとゆうと、すべての業務をweb上(電話)だけで行うネット専業とゆう形式を取ることで、サービスの展開を行っています。店舗を持たないことで無駄な経費を削減してサービスの充実に特化した銀行と言えます。

 

全てをネットで展開することで、地方銀行とは違い全国すべてが商圏となりますし、引っ越しや転勤をした場合でも銀行口座やカードローンが利用できるとゆう大きなメリットもあります。

 

カードローンに関しても申し込みから審査、審査の連絡までネットで完結するため、どこにいても申し込みが出来るとゆう特徴があります。

 

これは非常に大きなメリットで、店舗での申し込みの場合には開店時間内に行く必要があるわけですが、ネットでの申し込みに関しては24時間365日可能なわけですから、忙しくて店舗に行けない人や、自営業で自宅から離れられない人にとっては非常に便利な方式と言えます。

 

対面方式をとっていないため不安に思われる方も多いようですが、逆に考えると誰にも知られずに申し込みが出来ますし、仕事終わりにHPからの申し込みも可能ですので、時間を有効に使うことも出来ます。

オリックス銀行カードローンは最高800万円まで融資可能!

カードローンの基本的な中身は他の銀行や消費者金融のカードローンと大きな違いはありませんが、唯一突出しているのはその限度額です。

 

ほとんどのカードローンの限度額は500万円程度になっているのですが、オリックス銀行カードローンはなんと800万円の限度額の設定になっています。

 

800万円融資してもらった場合の金利は3.0%ですから、非常に安く業界最低水準の金利設定になっています。月々の返済額も、30万円借りた場合には月額7,000円の返済でOKになっています。

 

この返済額も業界最低水準に設定してあるため非常に返済しやすく家計に優しい設定と言えます。

 

返済や融資を受けるために利用するATMも、地方銀行はもちろん、ゆうちょ銀行などでも利用できますし、コンビニのATMで利用できるようになっているため、利便性が高いのも特徴です。

 

コンビニでしたら常にお店が開いていますから、急にお金が必要になった時でもATMを使うことが出来るため、便利にカードローンを利用することができます。

 

このようにオリックス銀行カードローンは他の銀行とは違う特徴がありますから、利用したい方はしっかりと考えたうえで融資の申し込みを行ってください。

申し込みの画像

消費者金融の店舗のある地域はどうしても東京圏と大阪圏に集中していますが、大型都市圏から遠く離れた地域で活動している消費者金融もあります。それが「スカイオフィス」と「キャネット」です。

 

スカイオフィスは九州福岡県の福岡市にあり、以前は「ニッセイキャッシング」という屋号で事業を運営していましたが、現在は「株式会社スカイオフィス」の名前で営業しています。ただ、ホームページのURLやメールアドレスには「nissei」の名前が残っています。

 

商品は貸出限度額が50万円のフリーローンだけになっており、金利は15.0〜20.0%です。限度額は50万円ですが、実際の貸出額は10万程度が中心になっています。

 

申込はインターネットから24時間受け付けており、申込フォームの入力項目が非常に少ないのが特徴です。大手消費者金融の申込フォームはすべて入力するのに10分以上掛かりますが、スカイオフィスの場合は数分で終わります。

 

また、中小の消費者金融の割に提出書類が少なくなっており、本人確認書類と収入証明書だけです。そのためか審査も早く終わり、即日に借入金を振り込んでもらえる可能性が非常に高いです。なお、返済方法は銀行振込だけです。注意点としては、申込入力フォームの項目が少ないと言うことは、高確率で電話連絡が入ります。

 

大手ではない消費者金融の場合、電話で人間性の確認や、借入状況などを聞く傾向にありますので、スカイオフィスに関しても、審査に必要な情報は直接聞く流れになっていると思われます。

 

その点、モビットなどの大手消費者金融は電話連絡・郵便物一切無しで借入できるなどのサービスが充実しています。その代り、申込フォームの入力項目はそれなりに多いのが現状です。

 

ちなみに、福岡市博多区には同じような業務内容のアスカキャッシングとエフォートコーポレーションがありますが、関連の有無は不明です。

キャネットは北海道札幌市の業者

一方、キャネットは正反対の北海道の札幌市に本社があり、道内に7店舗の支店があります。実は「キャネット」という消費者金融は京都市と鹿児島市にも存在します。しかも、会社のロゴも全く同じですが、貸金業登録番号も日本貸金業協会会員番号もそれぞれ違い、代表取締役も別人の会社です。

 

新規の貸出限度額は50万円ですが、実績を重ねると300万円まで借りられるようになります。金利は15.0〜20.0%です。申込方法にはインターネット、電話、FAX・郵送がありますが、道外から申込む場合は電話・FAXが利用できません。なお、原則として道内に住む人が融資対象になっています。

 

契約手続きは店頭窓口か郵送で行い、借入は店頭での受取と銀行口座での振込があります。振込は電話から依頼しますが、14時までに申し込むと当日に入金してもらえます。

 

なお、返済は契約した支店に持参するか、銀行振込のどちらかで行います。返済期日は利用者の任意の日を指定でき、約定返済額は借入残高が10万円以下の場合は3千円で、借入残高が10万円増えるごとに3千円ずつ増額されます。

 

なお、ローンの契約をすると会員ページが与えられ、取引明細を確認できます。ただ、会員ページから振込の依頼はできません。

続きを読む≫ 2016/08/25 16:07:25

銀行カードローンへ申込みするときに、できれば一発で審査に通りたいと思っている人は、低金利のみずほ銀行や三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などは避ける傾向があります。

 

なぜならば、それらのカードローンは上限金利が低く、それだけ審査が厳しいと予想されるからです。実際上限金利が低いほど審査はやはり厳しくなります。

 

その点、オリックス銀行カードローンは上限金利が17.8%、新生銀行カードローン レイクが上限金利18%となっており、消費者金融とほとんど金利が変わりません。

 

そのため、銀行カードローンで審査に落ちたくない人はオリックス銀行または、レイクへお申込みする人が多いと言えるでしょう。では、オリックス銀行カードローンと新生銀行カードローンではどっちが良いのか?

 

これについて、独断と偏見で書いてみました。

審査に通りやすいのはレイク?

まず、どっちが審査に通りやすいのか?と言えば、レイクの方が若干有利になっているイメージがあります。オリックス銀行も、レイクも括りは銀行カードローンですが、レイクは、以前外資系消費者金融だったことから、審査に基準としては消費者金融よりとの話もあります。

 

銀行カードローンの審査は消費者金融と違って保証会社の審査が入ることが特徴的ですが、オリックス銀行の保証会社はオリックスクレジット(株)と新生フィナンシャル(株)の2社に対し、レイクは新生フィナンシャル1社のみとなっています。

 

このことから、一見オリックス銀行の方が審査に有利と思いがちですが、オリックス銀行は下限金利3.0%と業界ではトップクラスの低さとなっています。また、限度額によって金利が違っていることが決まっているので、申込みの金額によってはオリックス銀行の方が断然に審査が厳しくなることが予想されます。

当日に借りたい人はレイクへ!

すぐに借入をしたい人ならば、断然に新生銀行カードローン レイクの方が分があります。レイクの審査は申込み完了画面に表示されるので、非常に早く、そして最短即日融資も可能となっています。

 

一方、オリックス銀行カードローンは審査自体は最短即日になっていますが、融資に関してはローンカードが自宅に郵送されてからになります。

 

カードの郵送で2日〜3日は日数がかかるので、申込みした当日に借りたい人はレイクへ申込みするのが良いでしょう。

オリックス銀行とレイクならレイクの方がおすすめ?

オリックス銀行とレイクを比較したとき、最も違うことは、無利息に関してです。レイクは借入の5万円を180日間無利息または、借入の全額を30日間無利息とすることができます。

 

オリックス銀行カードローンは無利息期間がないので、短期間での利用ならば、レイクにした方がよいでしょう。

 

しかしながら、レイクはまだ消費者金融のイメージが強く残っている部分もありますので、銀行から借りたい!と思っているならば、そこがネックになります。

 

オリックス銀行とレイク、どちらが良いのかは、その人次第の判断になってしましますね(笑)

続きを読む≫ 2015/09/03 15:38:03

オリックス銀行のカードローンの口コミ評判ですが、これは評判の良し悪しが大きく二分されているようです。

 

良いと評価をしている人の多くがやはりその利便性を大きく評価しています。

 

いつでもどこでも利用できることや、スマホなどからでも申し込みが出来る点、店舗に出向く必要がない点などが高評価のポイントになっています。

銀行ブランドの安心感、高額融資には低金利になることが口コミで評価

銀行が行っているカードローンとゆうことも好印象になっているようです。やはり消費者金融のカードローンと聞くと、昔のイメージが強いためか少なからず不安を抱く人が多いようですが、母体が銀行だとゆうことで安心して融資の申し込みが出来ると感じる人が多いようです。

 

融資に対する金利面での評価は借りる金額により良い評価をしている人と悪いと評価している人に分かれています。

 

融資の限度額近くまで借りた人は、他の銀行や消費者金融に比べて非常に低金利で借りやすく返済しやすいと良い印象を持っているようですが、逆に少額借りた人からは金利が高すぎるとか、最低10万円からしか借りれないのが不便といった声が上がっているようです。

 

これはオリックス銀行のカードローンの金利の幅が非常に大きいためこのような結果になっているのでしょう。多く借りる人からは好印象、少しだけ借りる人からは不満の声とゆうのも頷ける結果だと思います。

 

オリックス銀行のカードローンは総量規制の対象にならないため、消費者金融で年収の三分の一以上借りている人たちからは非常に高評価を受けているようです。

 

銀行のローンと消費者金融のローンは基本的にシステムが違うため、総量規制の対象者でも融資を行って貰える場合があるため、評価が高い結果に結びついているのでしょう。

 

消費者金融では断られたのに借りれたとか、他銀行よりも親切丁寧だったといった声も聞かれ、信頼を得ているとゆう結果が出ています。

即日融資不可に対しての口コミが目立つ

しかし、審査に時間がかかってしまう事や、一次審査は通ったのに最終審査でNGになったなどの口コミも多く見られますから、融資を急いでいる人達にはあまり支持されていないのかもしれません。

 

一次審査クリア後にNGになってしまうのは何かしら審査段階でクリアできなかった項目があったのだと思いますが、やはり一次審査OKと聞くと融資してもらえると思ってしまうため、最終審査でNGになってしまった人からの支持も低い結果になっているようです。

 

何故ダメだったのかも教えてもらえないようですから、そういったことも評価を下げる一因になっているのかもしれません。

 

トータルで見ると、審査を通過して大きな金額を融資してもらえた人からの支持が非常に高いようですから、融資して欲しい額が大きい人はオリックス銀行のカードローンを利用するのに向いているのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2014/10/02 00:06:02
ホーム RSS購読 サイトマップ